コーチングで人生の棚卸し

1.コーチングは怪しい?

コーチングは海外では浸透していますが、日本ではまだ認知度が低いです。また、勧誘やねずみ講といった悪いイメージも持たれがちです。

アメリカ、シリコンバレーの経営者の多くはコーチングを受けていると言われており、書籍「1兆ドルコーチ」にも書かれていますが、Googleの創業者セルゲイブリンや、Appleの創業者スティーブジョブズをはじめとした、シリコンバレーの著名な経営者は、ビルキャンベルというコーチがついていたようです。

Google、Appleにおける成功は言うまでもなく、コーチングにより、その人が持つポテンシャルを最大限発揮することができることを証明しています。

2.コーチングとは何か?

コーチングとは、簡単に言うと、自分自身を見つめ直して、自分の仕組みを理解し、人生を豊かにしていくものです。

子供を見ていると、可能性は無限大で、なんでもやろうとします。ですが、大人になるとだれしも、それまでのトラウマや、苦手意識によって、自分ができると思うことしかやらなくなります。例えるなら、サッカーグラウンド上で、子供は全てのフィールドを使って動き回りますが、大人はペナルティエリアでしか生きていません。

自分のペナルティエリアがどこで、そこから飛び出していくことで人生の可能性を広げていくのがコーチングの最大の効果です。

3.人生の可能性を広げるというはどういうことか?

例えば、人前で話すことが苦手な人は、リーダーシップをとって人を率いたりすることをあまりしません。

コーチングで、これまでやらなかったことがなぜやらなかったのか知る。それは大昔のいじめから来ているかもしれませんし、人前で大失敗して目も当てられなった経験から来ているかもしれません。

なんとなく出来ないと思っていることの原因が明らかになることで、出来ないとは自分が思い込んでいるだけでやらなかったということに気付くかもしれません。そうなると、それ以降の人生で、やるという選択をするだけで、人生の可能性は広がっていきます。

4.コーチングを学ぶためのお勧め書籍

まずお勧めしたいのが、ルータイスが書いた「アファメーション」という本です。米国フォーチュン500社の62%が導入する、世界最高レベルの自己啓発プログラムです。

前述で説明したペナルティエリアのことを、コンフォートゾーンと呼んでおり、そこから飛び出して、ゾーンを広げていくことで何物にもなれると述べられています。

もう一つお勧めしたいのが「一兆ドルコーチ」です。シリコンバレーの伝説のコーチ、ビルキャンベルの実話で、スティーブジョブズをはじめとしたシリコンバレーの経営者に対して、どのようなコーチングをしてきたかが語らている、ノンフィクションです。

5.コーチングを受けるには?

コーチングで有名なのは、アチーブメントやランドマークという研修です。生命保険の営業マンや経営者が受けていることが多いようです。ランドマークについては、4日間で20万円弱であり、この辺りが相場のようです。

決して安くないですが、これで人生が大きく変わるのであれば安いのかもしれません。今の人生でくすぶっているという方は、選択肢のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

失敗しないシステム選定のポイント

1.どのシステムを選んでいいか分からない

コロナ禍によるテレワーク対応として、ファイル共有ソフト、チャットツール、Web会議システムなど、システム担当者は、数々のシステムを選定する必要が出てきています。システムを入れるとなっても、世の中にどのような製品があり、価格がどのくらいで、どれを入れるべきか中々判断が難しいのではないでしょうか

ここでは、ITコンサルタントとして数々のシステム選定に携わった経験をもとに、システム選定の効率的なアプローチをご紹介させていただきます

2.システム選定は3ステップで進める

システム選定のアプローチは、「1.対象システムの洗い出し」⇒「2.評価項目作成」⇒「3.提案・評価」の3ステップです

(1).「1.対象システムの洗い出し」

最終的に、このシステムにしますと社内提案した際に、他にこのシステムは見たのか?網羅的に候補は洗い出せているのか?と聞かれることは多々あり、非常に重要なステップです。網羅的に洗い出すのは中々困難なため、何かしらの指標が必要となります。

そこで有効的なのが、リサーチ会社Gartner社が提供しているマジッククアドラントです。マジッククアドラントは、CRM・SFA・Web会議など、システムカテゴリごとにシステム製品を評価しているものです。ビジョンの完全性と、実行力の2軸で評価しており、右上のリーダポジションの中から製品を選定することを推奨しています

(2). 「2.評価項目作成」

洗い出した製品に対して、どういう基準で評価するかを決めるステップです。一般的には、コスト(C)、要件充足度(Q)、実行力(D)の3軸で評価します。コストは初期費用と、ランニング費用の5年分。要件充足度は、機能の豊富さ。実行力は、導入実績やサポートの充実度合などで見ていきます

(3). 「3.提案・評価」

(1)で洗い出した各社に、製品の提案をしてもらい、(2)の評価項目に沿って評価を実施していくステップです。評価にあたっては、コストと要件充足度は製品自体で決まりますが、実行力は提案する人の受け答えやパッションなども評価に加味していくとよいでしょう

3.失敗しないシステム導入を!

私はこれまで多くの企業のシステム導入に携わってまいりましたが、正直、システム評価を正しく行えている企業は少ないのが現状です。営業マンの口車に乗せられた、広告などで見たことがあるから、付き合いがある企業の製品だからといった理由で導入していることが多いです。ですが、システムは一度入れると中々リプレースはしづらく、慎重さが大切です。

今回ご紹介したアプローチを社内に浸透させ、効率的なシステム導入の一助となればと幸いです。

業務可視化ツール

1.テレワークでの業務把握が困難

テレワークにより、従業員がしっかり業務をしているのか?どんな業務をどの程度実施しているのか?ある社員に負荷が集中していないか?など、オフィス内にいればなんとなく把握できたことが、テレワークでは全く把握できない状況です

ただ、技術の進化は目覚ましく、パソコンの操作ログにて、業務把握が一定できるようになっており、ここではツールをいくつかご紹介させていただきます

2.代表的なツール

2-1.端末管理の仕組みから発展 (SKYSEA Client View,SS1)

SKYSEA Client View,SS1といった、端末管理の仕組みが入っている企業は多いのではないでしょうか。元々の狙いは、端末の資産管理、端末にインストールするアプリの制限、アクセスするURLの制限、社員の不正行動防止といったところでした。ただ、操作ログを取得していることから、業務の可視化も可能です。既に導入済みの企業では、追加費用が発生しないことから、まずはここから始めてみるのではいいのではないでしょうか

2-2.業務可視化に特化したベンチャー企業(MeeCap,Qasee)

業務可視化に特化した製品を開発しているベンチャー企業も多く存在します。その中でも、野村総合研究所と鹿児島銀行の合弁会社を親会社にもつMeeCap、UI/UXが秀逸であるQaseeが、導入実績が豊富です。

特徴としては機能が非常に豊富であり、QaseeはアクセスしたURLやファイル名まで把握でき、詳細な業務把握が可能です。MeeCapについては、最適な業務フローの自動生成や、業務手順書の自動作成など、業務改善につながる機能が搭載されています。一方で、年間数百万単位のコストを要し、コストが高いことが挙げられます

3.まとめ

業務可視化で、何を狙うかによって選定するツールは変わってきます。また、業務を詳細まで見れることはいいことなのですが、社員を監視しているようなイメージを持たれる可能性もございます。

会社のカルチャーに合う合わない等もあるため、まずは低機能・低コストの製品から始め、徐々にステップアップを図っていくことをお勧めします