仕事

コンサルタントの仕事術

投稿日:

Pocket

1.コンサルタントは仕事ができて当たり前

コンサルタントの多くは、20代であっても、40・50代の経験豊富なお客さんと対等あるいは、それ以上で渡り合っています

では、なぜコンサルタントが仕事ができるのか?コンサルタントの仕事術に学べば、一気に仕事ができるようになるかもしれません

2.コンサルタントに求められること

High Performance and Focused Individual as Concept

コンサルタントの特徴は、単価が高いことです。私がかつていた会社は月に500万円程度の単価でした。それ故、お客さんからは、圧倒的なパフォーマンスが求められます

当たり前ですが、SEなどの外注業者と同じスタンスでやっているようでは、お客さんの期待値を満たすのは困難です。スキルが備わっていないといけないですし、ある程度ハードワークでカバーすることも求められます

3.コンサルタントの仕事術

考える⇒書く⇒説明するを繰り返す

コンサルタントの仕事の流れは、大まかにいえば『(1)考える』⇒『(2)書く』⇒『(3)説明する』の繰り返しになります

『(1)考える』では、ロジカルに考えることに加え、なぜなぜ分析ではないですが、圧倒的に深く考える必要があります

『(2)書く』では、基本的にはパワーポイントを使って、ぱっと見てわかりやすく、美しい資料を作成しなければなりません

『(3)説明する』では、一流のセールスマンのような、ムダのない、時にはユーモアを盛り込んだ説明が必要になります

一切の妥協を許さないのがコンサルタント

コンサルタントは、この、『(1)考える』・『(2)書く』・『(3)説明する』の能力を日々鍛錬しており、一切の妥協を許さないため、夜遅くまでハードワークすることも多々あります

それを徹底しているからこそ、お客さんから、『なるほど!』、『この資料分かりやすいね!』、『さすが、高いだけある』などと賞賛されるのです

4. コンサルタントからの学び

考えることを怠っている人は多い

どんな仕事も、『(1)考える』・『(2)書く』・『(3)説明する』の3つの動作が、仕事の基本となります。 中でも、『(1)考える』という作業は、怠っている人が多いように見受けられます

実際、私もコンサルティング会社に入った当時は、上司から、『君は7歳の娘より考えていない。だって娘は、なんで空が青いんだろうと考える。君は、そもそも何も考えていない』と言われたことがあります

人は書かないと考えない

そもそも、人は書かないと考えられない生き物のようで、ホワイトボードや、ノートに考えを書き出すことは、コンサルティング会社で当たり前のようにやられています

そういった習慣が無い方は、是非取り入れてみては如何でしょうか

Pocket

ディスプレー広告

ディスプレー広告

-仕事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デジタルネイティブによる価値観・市場の変化

Table of Contents 1.物欲主義の終焉2.価値観の変化3.市場の変化(1)Product Oriented(2)Value Oriented(3)Experience Oriented …

コンサルタント・エンジニアの独立方法

Table of Contents コンサル・エンジニアで独立開業するには?(1)元請業者との直接契約(2)コンサルファームとの直接契約(3)専門エージェント経由専門エージェント経由とは?1.みらいワ …

人材紹介ビジネスの稼ぎ方

Table of Contents 1.転職エージェントの存在転職にはエージェントが必須転職エージェントの報酬は高い2.転職エージェントをやるためには1.職業紹介責任者に関する要件2.事業所に関する要 …

業務可視化ツール

Table of Contents 1.テレワークでの業務把握が困難2.代表的なツール2-1.端末管理の仕組みから発展 (SKYSEA Client View,SS1)2-2.業務可視化に特化したベン …

会社設立の仕方

Table of Contents 1.会社はどうやって作るのか?2.会社設立のメリット・デメリット会社設立のメリット会社設立のデメリット3.会社設立の進め方会社の登記税務署への届出法人口座開設4.会 …