ハイスペ男子Navi

モテ男になるための、仕事・美容・健康、ファッション・恋愛等、お役に立てるコンテンツ・情報発信を行っています

旅行

インド バックパッカー一人旅②

投稿日:

(つづき)

30分程度経ち、車がとまったのは、なんとホテルの前でした。ホテルといっても、現地で一泊1000円程度の中級ホテルですが

無我夢中で荷物を取り出し、タクシーから降り、ホテルの中に入りました。そして受付にホテル代を聞くと、一万円だと言われました。さすがに高いので、ディスカウントを要求したところ、『それはできない。もし一万円払えないのであれば、今すぐここをでていけ』と言われました

振り返って入り口を見ると、先程タクシーに乗り込んできた大男が入り口のすぐ外に待ち構えていました。そして、受付は、『入り口にいる彼はマフィアだから、気をつけたほうがいいよ』ととどめを刺してきました。旅の疲れもありましたし、一万円で安全が買えるのであれば安いものだと思い、そのホテルに泊ることにしました

翌日ホテルからチェックアウトし、安宿街バハールガンジーに移動しました。当たり前ですが、昨日タクシーの運転手に到着したと言われた場所とは全く別の場所でした。そして地球の歩き方に載っている宿に入ろうとした瞬間、男二人に通せんぼをされて、『ここは満室だから、いいところを紹介するよ』と言われました。さすがにちょっと怪しいなと思ったので、彼の制止を振りほどいて中に入って見ると、案の定、部屋は空いていました

まだまだトラブルは終わらない

 

二泊目の宿は一泊300円と、ようやくトラブルから開放され、バックパッカーらしい旅になってきたと思い始めていました。そして、その宿のロビーでくつろいでいたところ、そこにいたホテルのスタッフ?らしき人と仲良くなりました。しばらく話していると、『列車のチケットはとったか?今フェスティバルやっているので、空いていないかもしれない。よかったら俺が代わりにとってやるよ』と言われました

非常に人柄もいい方だったので、お願いしてみようと思い、デリー⇒バラナシ⇒コルカタ⇒デリーのチケットを日程も相談して、前払いでお金を2万円払いました。地球の歩き方に書いてある相場もその程度だったので、問題ないなと考えていました。チケットは翌朝フロントにおいておくと言われ、彼は去っていきました

翌朝フロントでチケットをピックアップしてみると、なんと、お願いしたチケットとは全く異なり、区間が、デリー⇒バラナシ⇒デリーとなっており、席も1級席ではなく2級席となっていました。値段はおそらく4000円程度。フロントの人に、このことを話しても、彼はうちのスタッフではないと言われ、彼の居場所も教えてもらえず、泣き寝入りするしかない状況でした

インド人は悪くない

 

この件をきっかけに、さすがに、インド人に対して憤りを感じ始めるようになりました。人を騙すためには手段を選ばず、巧妙な手段を使ってくるインド人は最低ぐらい考えていました。気づけば、街中で話しかけてくる数々のインド人に対して、『俺に話しかけるな!』と常にキレた態度をとり、インド人とのコミュニケーションを完全シャットアウトしていました

そうして2日程度過ごした時に、この旅行が何も楽しくないことに、ふと気づいてしまいました。今まで、バックパッカーで旅行してきた醍醐味といえば、現地の人との交流でした。それを一切シャットアウトしているのだから、当たり前のことです。20万円払って、意を決してインドに来たのに、楽しめないなんて、何してるんだと自分に対して腹が立ってきました

そして、インド人は本当に悪いのか?ということについて考えてみました。たしかに騙すことは悪いことですが、そもそも日本と違って、ものの値段が整備されておらず、法外な値段でモノを売りつけてはいけないという法律もないようです。もし自分がインド人だったら、コーラを一万円で買うという日本人がいたら売るよな?、それを騙されたと言われれば、納得して買ってたじゃないかと疑問におもうよな?と、インド人側の気持ちになって考えてみると、騙されるほうも悪く、彼らはそんな悪くないのではないかと思い始めるようになりました

また、インド人の素晴らしいと思う部分として、生き物を大切にするというものがあります。牛を神として奉っているのは有名ですが、犬、猿と野生の動物は街中のいたるところにいます。また、ベジタリアンも多く、列車のシートもベジタリアンとノンベジタリアンが区別されているほどです

インド人について改めて考えて見ると、インド人は、非常に人間らしく、命あるものを大切にする素晴らしい民族だと、逆転の発想ができるようなりました。その後、街中で声をかけてくるインド人に対して普通に接するようになり、騙そうとしてくるのが手に取るように分かるようになっていたので、それも愛おしく思えるようになっていました。現地との交流が増えることで、他の国を旅していたような楽しさも味わえるようになり、最高の旅にすることができました

インド旅行で学んだこと

 

今までネガティブシンカーだった自分を、ポジティブシンカーに変えるきっかけとなったのがインド旅行でした。インドで旅をしていくにあたって、ポジティブに考えないとやっていけないところが正直あります

また、悪いことが突然起きたりするので、それをいちいち人のせいにしているとストレスが溜まってしまうので、悪いのは自分だと矢印を自分に向けることで精神をコントロールする大事さも学ぶことができました

そして何よりも、騙す人がうじゃうじゃいて、交通網も全然発達しておらず、野生の動物がたくさんいる等衛生面が最悪なインドを、楽しく旅行できたということは、大きな自信になっており、私の人生を大きく変えるきっかけになりました

 





-旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年度版スーパーフライヤーズカード(SFC)取得の軌跡

ANAの永久上級会員となることのできるスーパーフライヤーズカード。周りの友人がこぞって取得していたこともあって、今年こそは取得してやると意気込んで、見事達成できました。達成までの軌跡をご紹介させていた …

男ひとり旅ロンドン観光

1.はじめに 都会のひとり旅は若干寂しさがあります。あまり観光に興味ない方であれば、ロンドンは1日あれば十分でしょう。ひとりでも満喫できるロンドン観光1日プランを纏めてみました 2.ロンドンから靴の聖 …

できる男の旅行術

1.はじめに 旅行に行こうと思ってから、飛行機やホテルをとったり、荷物を準備したり、やることは盛りだくさんです。20年近くバックパッカーとして世界中を回り、30か国以上を周った経験より、効率的な旅の準 …

インド バックパッカー一人旅

1.インドに行こうと思ったきっかけ   今から10年前に一人でインド旅行にいきました それまで、東南アジア・オーストラリアと、バックパッカーでの旅行は多々行ってましたが、バックパッカーの聖地 …

男磨きの旅に出よう。バックパッカーで人間力を鍛えよ

1.はじめに ・学生の頃は、お金はなく時間があったもため、バックパッカーで一カ月海外に行くというのをライフワークとしてました。ただ、社会人になって、時間がなくなり、仕事に影響を与えてはいけないと、いつ …