ハイスペ男子Navi

モテ男になるための、仕事・美容・健康、ファッション・恋愛等、お役に立てるコンテンツ・情報発信を行っています

旅行

インド バックパッカー一人旅

投稿日:

1.インドに行こうと思ったきっかけ

 

今から10年前に一人でインド旅行にいきました

それまで、東南アジア・オーストラリアと、バックパッカーでの旅行は多々行ってましたが、バックパッカーの聖地であるインドには行っておらず、いつか行って見たいと考えておりました

ただ、インドは、詐欺・殺人が多いなど、不穏な噂が多く、いざ行くとなると、びびってしまってました。このままでは一生いかないのでは?と考え始めた時、三島由紀夫の『 インドは行くべき人を選ぶ』と言う言葉に感化され、行かざるをえない状況を作り出そうと、先に20万円近くでチケットを購入しました

こうして、インドに一人旅することとなったわけです

余談ですが、何かやらないといけないがやれない。という状況で、やらざるを得ない状況を作り出し、自らを追い込むという手法は、今現在も活きています

2.いざインドへ

 

航空券をとったものの、インドへ行く日が近づくに連れて、死ぬんじゃないか?と不安が高まっていました。さすがに、20万円も出したし、周りにもインドに言ってくると豪語したため、キャンセルはできない状況でした。ビビりながらも、インドへと出発しました

インドへは、中国東方航空で、上海経由で向かいました。毎度のことですが、旅行プランを飛行機の中で立てるという習慣をつけていました。空港で購入した、地球の歩き方を見て、まずは飛行機が到着するデリーから、タージマハールがあるアーグラに、その後ガンジス川が流れるバラナシ、最終的に東の大都市コルカタへ電車で移動するというプランをざっくりと立てました

到着するの深夜になるため、タクシーで街の中心部に移動し、そこにある安宿街バハールガンジーで適当に宿を探すことにしました

なお、地球の歩き方を読んでいると、深夜に、空港からタクシーに乗って、法外な値段の宿に連れていかれるというケースが続出しており気をつけましょうと書かれていました。基本的に、お馬鹿な人がトラブルに合うと考えており、自分は関係ないと気にもしていませんでした

3.トラブルの連続

 

空港に到着して、8人乗りのワゴンタイプのタクシーに乗車しました。運転手の他に、助手席にもスタッフが同乗し、私は後部座席に座りました。行き先を、安宿街バハールガンジーと告げ、タクシーは走り出しました

道中、助手席のスタッフが話しかけてきて、非常に親切な人で、非常に和気あいあいとした雰囲気で時間が流れていきました。それまで張り詰めていた緊張は解き放たれ、『なんだ。インドは、思ったより大したことないじゃないか』とほっとしていました

そのスタッフは、『今、インドはフェスティバルやってるから、どこ行っても混雑しているよ!』としきりに話していました。そんなことは、地球の歩き方にも書いていなかったため、地元のフェスティバルで大したことないんだろうと、勝手に思い込んでいました

そうこうしているうちに、車は目的地に到着しました。いざ、降りてみると、周りは真っ暗で、とても安宿街とは思えない場所でした。理由をスタッフに聞いてみると、『フェスティバルのせいで、どこま満室でクローズしている』とのことでした。『宿はどうするんだ?』と聞かれたので、紹介してほしいと返答し、車はまた走り出しました

そして、走り出した車が止まったのは、住宅街の中に、ポツンと明かりが付いている店の前でした。中に入ると、入り口付近で、大男が8人程度たむろしており、店の奥に通され、社長と呼ばれる男が出てきました。どうやら、ここは旅行代理店のようです。社長に、『いくらのホテルに泊りたいんだ?』と聞かれ、100円~300円程度と答えると、すかさずいくつかのホテルに電話してくれましたが、どこもクローズしているとのことでした

そして突如、社長は、『一泊5万円のホテルはどうだ?』と聞いてきました。私は、学生でお金がないので、5万円はとんでもないと答えると、なんと入り口付近にいた大男8人に取り囲まれたのです

これはやばいと思い、とりあえず無理やり店を出て、泊っていたタクシーに乗り込みました。そして移動するようにと指示していると、大男の一人が乗り込んできて、彼の指示のもと車が動き出しました。私は、山奥にでも連れて行かれ、殺されるのかと、死を覚悟しました

(続きは、明日アップします)





-旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インド バックパッカー一人旅②

(つづき) 30分程度経ち、車がとまったのは、なんとホテルの前でした。ホテルといっても、現地で一泊1000円程度の中級ホテルですが 無我夢中で荷物を取り出し、タクシーから降り、ホテルの中に入りました。 …

ANAステータス修行、マイレージ貯め方・使い方

1.はじめに ・私は、生活している中で最もヒエラルギーを感じるのが、飛行機です。飛行機への搭乗順や、ラウンジ利用、さらには荷物検査の優先レーンなど、これでもか!というくらい、ステータスに応じて差別して …

できる男の旅行術

1.はじめに 旅行に行こうと思ってから、飛行機やホテルをとったり、荷物を準備したり、やることは盛りだくさんです。20年近くバックパッカーとして世界中を回り、30か国以上を周った経験より、効率的な旅の準 …

男磨きの旅に出よう。バックパッカーで人間力を鍛えよ

1.はじめに ・学生の頃は、お金はなく時間があったもため、バックパッカーで一カ月海外に行くというのをライフワークとしてました。ただ、社会人になって、時間がなくなり、仕事に影響を与えてはいけないと、いつ …

2018年度版スーパーフライヤーズカード(SFC)取得の軌跡

ANAの永久上級会員となることのできるスーパーフライヤーズカード。周りの友人がこぞって取得していたこともあって、今年こそは取得してやると意気込んで、見事達成できました。達成までの軌跡をご紹介させていた …