仕事

税金対策のすすめ

投稿日:2019年7月3日 更新日:

Pocket

1.税金対策は分かりづらい

会社を経営するメリットとしては、日頃の出費を経費にできることです。税理士と契約していれば別ですが、どのように税金対策をどうすればいいか非常に気になります

普段の飲食や交通費は経費にできることは当たり前ですので、ここでは、それ以外の税金対策の基本についてご紹介したいと思います

2.税金対策の手段

税金対策の手段はいくつもありますが、効果が高い順番に例を挙げさせて頂きます

手段(1) 親を役員にいれる


親を役員に入れることは最も有効な税金対策の手段になります。理由としては、自分と親に役員報酬を分配することで、トータルの税金が削減されます。
下記の表をご覧いただければ一目瞭然ですが、695万円以上と以下で税率が10%異なります。そのため、800万円の報酬を1人に出すよりは、2人に400万円づつ分配する方が、80万円の税金削減となります

課税対象額税率控除額
195万円まで5%なし
330万円まで10%9.75万円
695万円まで20%42.75万円
900万円まで23%63.6万円
1800万円まで33%153.6万円
4000万円まで40%279.6万円
4000万円以上45%479.6万円

手段(2) 退職金制度の利用

小規模企業共済という、経営者用の退職金制度がございます。こちらに加入すれば、退職時に掛け金がそのまま受け取ることができます。加入の最大のメリットは、経費として処理できることができ、月最大7万円、年間84万円の税金対策に繋がります

手段(3) みえない費用を経費にする(※ご判断はお任せします)

結婚式のご祝儀、葬式の香典、公共機関の交通費は、レシートがでないため、エクセル等に記録して経費として処理する形になります。逆に言うと、証拠がないため、実態と乖離してもバレナイ利点があります

私自身、実績ベースに申告していましたが、例えば結婚式のご祝儀を10万円×10回、交通費を月5万円×12といった架空経費処理での税金対策は可能ではありますが、もしバレた時に追徴金が発生するため、ご判断はお任せします

3.税金対策は経営者のミッション

税金対策自体は、経営者として徹底的にしないといけなと私は考えております。なぜなら、会社の経営は、継続的な収入を伸ばし、継続的な出費を削減することにつきます。また、グーグル、アップルでは、ほとんど税金を払っておらず、賞賛されていることは、そのことを物語っていると考えます

最近では生命保険の加入や、事業投資など税金対策の手段は多様化しておりますので、日頃から税理士や経営者の友人などと情報交換をしていく必要があります

Pocket

ディスプレー広告

ディスプレー広告

-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SEからコンサルタントへ

Table of Contents 1.SEはコンサルタントに憧れる2.SEとコンサルタントの違い(1)SEはコンサルタントの延長でないコンサルタントは分析・提言・資料作成が中心3.コンサルタントへの …

会社設立の仕方

Table of Contents 1.会社はどうやって作るのか?2.会社設立のメリット・デメリット会社設立のメリット会社設立のデメリット3.会社設立の進め方会社の登記税務署への届出法人口座開設4.会 …

人材紹介ビジネスの稼ぎ方

Table of Contents 1.転職エージェントの存在転職にはエージェントが必須転職エージェントの報酬は高い2.転職エージェントをやるためには1.職業紹介責任者に関する要件2.事業所に関する要 …

人脈で稼ぐ

Table of Contents 1.人脈があれば商売に繋げやすい2.友人からお金儲けをしてはいけないという誤った認識Win-Winであれば友人からお金儲けしても構わないプルデンシャルは、まず友人に …

パーティビジネスでの稼ぎ方

Table of Contents 1.パーティビジネスを始めたきっかけ2.パーティビジネスの実践方法パーティの開催場所は?どのように集客すればいいの?利益をどう出せばいいか?継続的に開催するためには …