ハイスペ男子Navi

モテ男になるための、仕事・美容・健康、ファッション・恋愛等、お役に立てるコンテンツ・情報発信を行っています

仕事

SEからコンサルタントへ

投稿日:

1.はじめに

SEをやっているとコンサルタントへの興味が非常に強くなります。現在SEで、コンサルタントへのキャリアチェンジを希望されている方も多いことでしょう。

実際私もSEを4年半経験した後、戦略系のコンサルタントになりました。

2.SEとコンサルタントの違い

na-consul-management

よく、システムコンサルタントはSEの延長と思われていますが、実はシステムであろうが、SEとコンサルタントはまったく違う職種になります。そこは多くの方が勘違いされていることかもしれません。

ぱっと特徴的な部分の違いを羅列してみます。
①システム知識
SE:必要、コンサルタント:あまりなくてもOK
②主要ツール
SE:エクセル、コンサルタント:パワーポイント
③役割
SE:プロジェクトマネジメント、ベンダー管理
コンサルタント:分析、資料作成、提言

SEは、ベンダーをうまく使ってプロジェクトを回すことが仕事であり、ベンダーの成果物レビュー等、システムの専門知識が非常に求められます。一方でコンサルタントは、ある事象に対して深く分析をし、それを紙におこして提言していくことがミッションである為、あまり専門知識がなくても、WEBで調べて妄想していけばやっていける世界です。

3.コンサルタントへの準備方法

また、使うツールがコンサルタントはパワーポイントが中心というところが特徴的になります。パワーポイントで綺麗なスライドを作れなければいけないですし、当然ロジカルに組み立てられて、ぱっと分かりスライドでなければなりません。
その能力がコンサルタントは非常に長けており、すぐには身につかない能力の為、キャリアチェンジにあたって一番苦労する点かと考えております。

jm-slideshare

私もパワーポイントをあまり使ってきておらず、非常に苦労しました。日々、先輩のスライドを真似してみたり、Slideshare等でいいなと思ったスライドは実際に自分で複製してみるという鍛錬によって、スキルを磨いていく必要があります。かの有名なコンサルタント、大前研一は、日立製作所からマッキンゼーに転職していますが、最初スライドがうまく描けず、社内のスライド10,000枚を複製してスキルを磨いたようです。
ブログランキング・にほんブログ村へ





-仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンサルタントの仕事とは?

1.コンサルタントとは? コンサルタントやってます!という人が世の中に溢れていますが、正直何をやっているのかなかなか理解されていないのが現状です。会社は、売上があがらない、コストが高止まりしている、業 …

コンサルタントの仕事術 part2

1.はじめに 以前の記事、コンサルタントの仕事術において、コンサルタントに求められるスキルについて書かせていただきました。それに対する補足や、日々の心構えについて書かせていただきます 2.コンサルタン …

コンサルタントの仕事術

1.はじめに 私はコンサルタントです これまで、たくさんのお客さんと仕事をしてきましたが、お客さんより仕事ができないということは滅多にありませんでした 20代と若くして、40・50代の経験豊富な人達と …

ソーシャルリスニング手法

1.はじめ かつては、プロダクトアウト型といって、企業主体で商品開発を行い、市場にばらまき売り切るという構図でした。昨今、消費者ニーズのある商品・サービスでないと受け入れられない、マーケットイン型が主 …

稼げる職業には何があるか?

1.稼げる職業には何があるか? ・年収1,000万円を超えると凄いといわれる世の中で、若くしてそれを実現できる職業はいくつかございます。外資証券、外資コンサル、不動産、外資保険などでは、若くして稼ぐこ …