ハイスペ男子Navi

モテ男になるための、仕事・美容・健康、ファッション・恋愛等、お役に立てるコンテンツ・情報発信を行っています

思うこと

デジタルネイティブによる価値観・市場の変化

投稿日:

1.はじめに

2000年代までは、車を持ち、高級ブランドに身を包むことがステータスとされてきました。テクノロジーの進展により人々の価値観、市場の変化が激しくなっています

2.価値観の変化

デジタルネイティブと呼ばれるミレニアル世代の30代は車の所有欲がなく、更にGeneration-Zと呼ばれる20代になると、モノ全般への所有欲がない人が多いようです

この価値観の変化は、テクノロジーの進化が影響しており、例えばカーシェアや民泊などのシェアリングエコノミー、メルカリでの売買によって、モノを持ち続ける必要性がなくなっています。最近、ミニマリストといった言葉が流行していたり、家を借りず、エアービアンドビーで住まいを渡り歩く人が増えているといったことも頷けます

3.市場の変化

かつては、企業がモノを作ってCMを流し売り切るというビジネスモデルがなりたってきました。今は消費者目線でモノを作るのに加え、モノを検討・購入・利用する一連の体験を心地よくさせることが求められています。市場のダイナミクスは大きく3段階に分かれています。企業主体でモノを作って売り切る「①Product Oriented」から始まります

市場が成熟していくと、性能がいい・コンパクトといった機能性で勝負する「②Value Oriented」に進展します。更には、製品利用の体験価値、カスタマーエクスペリエンスが満たされるかで勝負する「③Experience Oriented」に進展していきます

①Product Oriented

企業主体でモノを製造し売り切るプロダクトアウト型。消費意欲の高い発展途上国等で有効である

②Value Oriented

市場が成熟してくると、製品だけでは差別化が困難。性能がいい、長持ちする、コンパクトといった製品の持つ価値での競合差別化が重要になってくる

③Experience Oriented

生活自体の成熟度が高まり、人々の嗜好性が多様化した市場において、製品だけではなく、製品利用の体験価値(Customer Experience)が求められるようになってくる

4.市場の変化への対応

今の日本市場は、「③Experience Oriented」です。いいものを提供しても売れなく、検討・購入・使用のカスタマージャーニーを描き、ネガティブなポイントがないかチェックし、改善していかないと、お客さんは離れて行ってしまいます。ソーシャルリスニングや、アンケートによって、顧客体験価値の改善点を炙り出し、常にブラシュアップしていくことが求められます

5.まとめ

変化に真っ先に反応するのが若者と言われています。「今の若者は!」と一蹴しているともったいないです。若者は学ぶべき対象であり、若者が使っているアプリを使ってみたり常に目を向けておくことで、市場の変化をキャッチアップしていくことができます





-思うこと

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東芝は破綻へカウントダウン

破綻へのカウントダウン 東芝は、昨年末、原子力事業での減損処理数千億の可能性が急浮上し、株価が3日で2/3となる大暴落となりました 追い討ちをかけるように、過去に粉飾決算が400億円程度行われていたの …

働き方改革。起業、フリーランス、会社員

1.はじめに 国が進める「働き方改革」の影響や、過労自殺による社会問題で、企業の労働時間は減少の一途をたどっています。また、労働時間の減少の流れにより、副業を解禁する企業が増えていたり、在宅ワークなど …

安定した人生とは

1.はじめに 2016年は激動の一年でした。年初から日本株は大暴落、EUの離脱、トランプ大統領の誕生したり。一方、経済に目を向けると、人工知能の台頭による単純労働の剥奪が現実味を帯びてきています 安定 …

時間の賢い使い方

1.はじめに 当たり前の話ですが、1日は24時間と、すべてのヒトに平等に時間は与えられます。周りを見渡してみると、時間を有効に活用できている一方で、自身は無駄が多く嘆く日々過ごしている。なんて方々はた …